緩和ケアの仕事は生きがいがあり、年収も上がる

緩和ケアの医師の求人は近年増加中

緩和ケアの医師の求人は、最近になって増えてきました。その原因の一つは、癌の患者さんの数が増えたことです。日本人の癌患者の増加に伴って、この仕事の求人が増えています。末期癌の患者さんの生活の質をできるだけ高めて、安らかな最期を迎えられるように努力します。地方での求人もありますが、都市部の求人の方が多くなっています。経験はなくても応募できる求人が多いです。しかし、このケアに関する知識や技術を勉強する強い意欲は求められます。

この仕事の年収は高い

緩和ケアの仕事の年収は一般に高めです。一般の医師の年収は1100万円程度ですが、この仕事の場合は、それより300万円程度高くなります。都市部の病院だったら、2000万円を超えることがあります。このように年収が高いのは、この仕事に難しい面があるからです。死期が迫っている患者さんのケアをするのは細心の注意が必要です。しかし仕事に慣れて、うまくできるようになったら、生きがいを感じる仕事でもあります。患者さんの最期に寄り添うことができ、患者さん自身や家族から感謝されます。

未経験者でも採用される

緩和ケアの医師の採用に、一定の基準はありません。未経験者でも採用する病院があります。癌の治療の経験のある方や、麻酔科、精神科の経験のある方は、普通の医師より有利になることが多いです。これらの科は、緩和ケアの仕事に密接なつながりがあるからです。経験よりも重視されるのは、応募者の人柄や人間性です。死を迎える患者さんや家族を、特に心の面から支えられる人柄が歓迎されます。未経験者の方が採用されたら、先輩の医師の指導を受けながら、実際の仕事をします。

医師 転職のタイミングに悩んでいるときには、成功体験談を参考にしつつ、具体的な仕事内容をチェックすることが大事です。

loading
×